多汗・手汗、ワキガが起きる原因

何故、多汗や手汗、ワキガなどが起きるのかご存じですか?

 

 

人間の皮膚には、エクリン汗腺とアポクリン汗腺という2種類の汗を出す管があります。
エクリン汗腺は、皮膚の表面に毛穴のあるなしに関係なく広い範囲にあり、中でも手のひらと足の裏には最も多く、汗を皮膚表面に分泌させる働きがあります。

 

 

また、エクリン汗腺から出る汗の大部分は水分で、ごく少量の塩分を含んでいるほかは臭いもほとんどありません。暑い時などに体を冷やす為に流れ出るのは、この汗になり、このエクリン汗腺から通常よりも大量に出るのが多汗症です。

 

 

もう一方のアポクリン汗腺は、ワキガの原因とされており、毛根に合流して毛穴が汗の出口にもなり脇の下や陰部、へその周囲、乳首の周り、耳の穴にあります。中でも、ワキの下に最も多くあり、思春期頃から活発に働くようになってきます。

 

 

本来は、このアポクリン汗腺が出る汗も、臭いは殆どありませんが、タンパク質や脂肪が多いことから、皮膚に存在している細菌によって分解され、腐敗したような悪臭がするようになり、これがワキガの臭いの正体と言うことです。

 

 

また、この汗には色素や蛍光物質を含まれており、白いシャツなどの黄ばみの原因になり、洗濯しても落ちにくい事も大きな悩みになります。
そして、このアポクリン汗腺の発達や分布する範囲などの度合いによってワキガ体質であるかどうか別れます。

 

 

それ以外にも、ワキガ臭と密接な関係があるのが、毛根を包んで皮膚や髪の毛などに潤いを与える皮脂腺です。そこから出る分泌物には脂肪が多く皮膚の健康には欠かすことは出来ないものですが、ワキ毛の毛穴に開口しており、その脂肪分で細菌が繁殖しやすくワキガの元になります。

 

 

1日5分の実践で気になる汗やニオイをスッキリ・サラサラに改善する方法!

 

スッキリサラサラ7Daysプログラムも詳細を見てみる